株式会社 カリブ・コラボレーション

一期一会ものがたり vol.6

今日は、僕の大切な旅仲間である松本剛征さんとお話ししました。
目標をしっかり定めた上で大学で勉強をしながら、常に夢に近づくチャンスにアンテナを張り巡らせている学生さんです。
 
◎宇宙への夢
剛征さんから「お土産話がある」という興味をひかれるメッセージが届いていたので、何かと思ってお会いしてみたら…
僕の予想をはるかに超える壮大な物語でした。
なんと!「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」で働いているとのこと!
およそ2000倍という凄まじい倍率を勝ち抜き、JAXAのインターンに参加中なのです。
インターンと言っても、単なる職場体験ではありませんよ。
立派な研究員として、国家を越えた「人類プロジェクト」の重要な部分を担っているのです。
幼年期から宇宙への憧れを抱いていたという剛征さん。現れたチャンスを確実に掴み取る強さにあっぱれです。
 
◎一歩の大きさ
踏み出した一歩をどう捉えるかは、同じ一歩でも、人それぞれです。
未来へと続く大きな一歩と捉えるのか、それともちょっと足が出ただけの些細な一歩と捉えるのか。
どちらが正解ということはないでしょう。
ただ、その捉え方の違いは、より前へ進もうというエネルギーが生まれるかどうかの分かれ道となります。
一歩の先を意識していれば、二歩目が踏み出せる。
足が滑っただけなら、すぐにもとの場所に戻ってしまう。
 
◎他人をも動かす一歩
日本人は謙る傾向が強く、それが魅力として現れることがありますが、弱い部分となることもあります。
剛征さんは、どんな一歩も巨人の大股一歩のようにとらえ、僕にその通りのエネルギーで語って下さいます。
するとこちらも、深くロマンを感じることができ、元気をもらえます。
何かプロジェクトに関わるときでも、トップの人がそのような捉え方をする人であれば、参加者は「すごいことに参加できているんだ!」と感じられ、積極的に進むことができるでしょう。
僕の周りには、そのような、ある意味日本人離れの表現力をもった方が多いように感じます。

そういう人に 私もなりたい
 
P.S. インターンで選ばれた人に人類プロジェクトを担わせるというJAXAの懐に広さにも心を打たれます。
 
鈴木香里武

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

スポンサードリンク